喪服でないとNG?お通夜・お葬式の服装マナーを男女別にご紹介します。

お通夜・お葬式の服装

お通夜・お葬式の服装は喪服を着るのが正しいスタイルです。

 

ただし、急を要する場面では平服でも問題ありませんが、他の参列者の視線もあるので、なるべく黒系の地味な洋服にまとめるようにしましょう。

 

女性は基本的にブラックフォーマルの喪服を着ることが一般的で、着物(和装)の着用可否は地域と宗派によって変わりますが、和装は親族のみが認められることが多いです。

 

お通夜・お葬式の服装について正装・略装(平服)の双方を幅広く解説いたします。

 

 

 

男性の服装

喪服を着ている男性
男性は喪服を基調にしたコーディネートが基本で、喪服を持っていない場合や仕事帰りにお通夜へ出席する場合はビジネス用のスーツでも問題ありません。

 

スーツスタイルの場合は、最低でも黒いネクタイを着用するようにしましょう。

 

正装

ジャケット:略式礼服である喪服、シングル・ダブルはどちらでもOK
パンツ:喪服のセットになったパンツ。正式には裾がシングルであるべき
Yシャツ:白に無地が望ましい
ネクタイ:黒無地で光沢素材ではないもの
靴下:黒単色で長め(くるぶしカットはNG)
:黒の革靴。紐で結ぶタイプが望ましく、金具付き・エナメル素材は避けた方がよい

 

 

スーツでの代用

普段の仕事で着るスーツで代用する場合、なるべく正装に近いスタイルを目指しましょう。

 

ジャケットは無地で黒系(リクルートスーツなど)が望ましく、Yシャツ・ネクタイ・靴下・靴も極力正装に近い形が望ましいです。

 

通夜の告知が伝わるのが遅く、当日に知って家で着替える時間がない場合は仕事で着ているスーツのままでも問題ありません。

 

ネクタイだけは葬儀用の物を購入して身に付けるとよいでしょう。

 

Yシャツが派手な色や柄で黒無地のネクタイと合わない場合は、無理に黒ネクタイをする必要はなく仕事をしている服装のままで大丈夫です。

 

なお、お通夜は当日知ってかけつける方が多いですが、告別式は前日までに告知されるものです。

告別式へ参加する場合は、なるべく正装に近い服装を用意することが望ましく、必要に応じてYシャツや靴を購入するようにしてください。

 

 

 

女性の場合

壁にかけてある喪服
女性がお葬式に着る喪服は以下の3種類があります。

 

  • 正喪服(ブラックフォーマルドレス)
  • 準喪服(ブラックフォーマルスーツ)
  • 略喪服(ダークスーツ)

 

複数の種類を持っている場合、お通夜をはじめ一周忌法要までは全て正喪服を着ることが望ましいです。

 

ただし、女性は準喪服・略喪服でも正装として扱われることが多く、若い方は正喪服に拘らない方が増えています。

 

突然のお通夜に平服(私服)で行く場合

なるべく黒を基調に地味な服を着ることに加え、夏は肌の露出が多くなりすぎないように注意してください。

 

お通夜なら、明るい色の洋服でもしょうがないと思われるものですが、極端に肌の露出が多い服装は非常識として捉えられます。

 

袖なし、または脚・胸元の露出が多い服を着ている場合は、長袖・長ズボンの洋服を買って着替えることが望ましいです。

 

 

学生の場合

中高生は学校の制服を着るのが正装です。
派手なデザインの制服だった場合でも、そのままの姿で行くようにしてください。

 

女子学生のスカートの丈が膝上の場合は、黒のストッキングをはくとよいでしょう。

 

 

おわりに

喪服を着ている夫婦
お通夜・お葬式の服装は極力正装(喪服)が望ましいですが、持っていない場合や自宅へ取りに帰る時間がない場合は、無理にこだわらなくても問題ありません。

 

ただし、できる範囲で失礼のない服装にまとめる努力が必要です。
社会人なら男性はネクタイ、女性は必要に応じて上着やパンツなど、数千円程度の洋服を当日買って、なるべく黒基調の服装にまとめるようにしましょう。

 

明らかに葬儀へ望ましくない服装しか用意できなかった場合は、会場にて親族へ簡単に事情を説明しておくとよいでしょう。

 

お通夜・お葬式は、故人と最後のお別れになることが多いので、ふさわしい服装でなかったとしても必ず会場へ足を運ぶようにしてください。

 

 

ページの先頭へ戻る