葬儀プランと費用の相場|お葬式の規模によって料金は大きく変わります。

葬儀費用

横から見る祭壇

葬儀費用は規模・内容によって大きく変わってきます。
おおよその目安として条件別の相場をご覧ください。

 

  • 一般葬(中規模以上):200万円前後
  • 一般葬(小規模):100万円前後
  • 家族葬:60万円前後
  • 1日葬:40万円前後
  • 火葬式:25万円前後
  • 直葬(火葬のみ):10万円前後

 

一般葬

通夜・告別式・埋葬に分けて葬儀を行い、故人と親交のあった仕事関係や近所の方に参列してもらうものです。

 

通夜と告別式を異なる日に分けて行うことを一般葬と呼ぶ動きもあり、密葬・家族葬も一般葬の一種に捉えられることがあります。

 

一般葬の葬儀費用は全国平均で200万円ほどと言われていて、地域によっては平均250万円を超えるケースもあります。

 

葬儀の内容にこだわれば、300万円・500万円を超えることもあり、決められた上限額はありません。

 

1日葬

通夜をせずに火葬する日に告別式を行うもの。

 

火葬式

告別式をせずに火葬場で簡易的な葬儀のみを行うこと。

 

直葬

火葬のみでお坊さんを呼ぶなど特別な儀式は行いません。日程や用意する物・手間が少ない葬儀は費用が安いです。

 

また、国内で外国の方が亡くなってしまった場合、母国で葬儀をしてから土葬するケースが多いです。

 

空港への搬送費や航空輸送費の他に、エンバーミングの費用などが発生します。

 

葬儀費用は前払い?

お金を数えている手

葬儀費用は前払いと後払いの2種類があり、プランや葬儀会社によって対応が異なります。

 

もっとも多いケースは葬儀会社への費用は後払いで葬儀をした日から1週間以内へ支払いを行い、お坊さんへのお布施のみ現金で前払いします。

 

葬儀は高額な費用がかかりますが、参列者の人数に応じた香典などで一定の回収をできます。

 

ただし、香典の相場は親族を除いて5千円ほどになり、平均で葬儀費用の4分の1程度です。

一般葬であれば、親族が100万円以上の負担をすることも珍しくありません。

 

 

支払い方法

支払い方法は葬儀会社によって異なりますが現金・銀行振込・クレジットカード・葬儀ローンの取り扱いがあります。

 

クレジットカード払いに対応した葬儀会社が増えているので、小規模の葬儀であればクレジットカードを利用した後払い・分割払いで対処することが可能です。

 

現金の用意ができない場合は、葬儀ローンを活用するとよいでしょう。
故人の葬儀費用のために、月々の返済を続けるケースは少ないです。

 

お金に余裕がない場合、直葬など簡易的な方法で葬儀を済ませる方がほとんど。

 

葬儀ローンを組む場合は、生命保険の保険金受領・相続後の実家売却費用などで一括返済するケースが多いです。

 

 

葬儀費用は誰が負担する?

手を併せている男性

葬儀費用は相続税の控除対象になるため、法定相続人が負担することが一般的です。

 

そして法定相続人の中でも、故人と密接な関係を持つ喪主が負担するケースが多く、相続財産がある場合は葬儀費用を考慮した財産分与を行います。

 

喪主が1人で負担することが困難な場合は、法定相続人を中心に一部負担してもらうことをお願いするとよいでしょう。

 

葬儀費用の負担者・割合に明確なルールはありません。
相続財産がない場合は、規模を縮小する選択を含めて親族と話し合って決めましょう。

 

相続財産(純粋な損失負担)の有無と、遺族が持ち出しをしてでも盛大な葬儀をしたいのかを考え、状況に応じて葬儀の規模を決めていくことが大切です。

ページの先頭へ戻る