国内で外国人が死亡したら|エンバーミングという言葉をご存知ですか?

海外の方が日本で亡くなったら

海外のお墓

海外の方が日本で亡くなった場合は手続きが色々と大変です。

 

まずはお亡くなりなられた方の国籍、または母国の領事館へ連絡するようにしてください。

 

日本では埋葬方法の99%が火葬ですが、海外は土葬が主流の地域が多いです。

 

母国での土葬を希望する場合は、エンバーミングをしてから遺体を移送する流れになります。

 

 

3種類のパターン

 

海外の方が死亡した際の葬儀・埋葬方法は以下の3パターンがあります。

 

  • 日本で葬儀・火葬・納骨(日本国籍の場合)
  • 日本で火葬して遺骨を母国へ送る
  • エンバーミング(遺体を長期保存する技法)をして海外へ移送し、母国で葬儀・埋葬を行う

 

海外の方でも日本人と結婚して日本国籍を持ち、本人・遺族の意向で国内で納骨する場合は日本人と手続きが全く同じです。
念のため、母国の親族へ確認しておくとよいでしょう。

 

母国のお墓に入る場合は、日本で火葬して遺骨を送る方法エンバーミングして遺体ごと移送する2種類があり、エンバーミングを選択する方が多いです。

 

なお、海外の方を日本で火葬する場合を含めて、日本人とは異なる行政手続きがあるので注意してください。

 

 

まずは領事館か葬儀会社へ連絡

電話をかけようとしている人

海外の方が死亡した場合の手続きは、遺体・遺骨を送る国によってルールが異なります。

 

領事館へ連絡して行うべき手続きや、必要書類の確認をする方法もありますが、葬儀会社が領事館への連絡を含めて全ての手続きを任せる方が多いです。

 

各種申請に必要な書類は国によって対応が異なりますが、一般的に以下の3点が必要です。

 

  • 故人のパスポート
  • 死亡診断書
  • エンバーミング証明書(エンバーマー宣誓供述書)

 

また、死亡した外国人が日本国籍・留学・外国人労働者だった場合は、国内で死亡届を提出しなければなりません。

 

海外旅行者・出張での一時滞在者の場合は、遺体を母国へ移送する手続きのみになることが多いです。

 

国内で行う手続きのルールと、遺体・遺骨を母国へ送るための手続きは別の扱いになります。それぞれ不備なく行ってください。

 

状況に応じて、国内提出用領事館提出用で死亡診断書を2通取得しないといけないことがあります。
書類の用意を始める前に、必要書類の種類と部数を確認しておきましょう。

 

まずは、直接領事館にエンバーミング・各種移送の手配をするのか、葬儀会社への代行を依頼するのか決めるようにしてください。

 

母国の遺族へ連絡してお金の問題がない場合、葬儀会社へ依頼した方が確実かつ迅速に手続きを進められます。

 

 

エンバーミングの流れと費用

空を飛んでいる飛行機

外国人が日本で死亡した場合、遺体を火葬せずに母国へ移送して母国で葬儀をしてから土葬によって埋葬するケースが多いです。

 

遺体を海外へ移送する際はエンバーミングを行う必要があります。

 

エンバーミングは遺体を長期保存するための防腐・防疫処置技法で、以下の施術を行います。

 

洗浄消毒
顔の洗顔
毛の処理
表情を整える
長期保存するための保全液を入れる

 

エンバーミング処置をした直後に、着替えと化粧を行う方法が一般的です。

 

なお、エンバーミングを行えば冷凍・ドライアイスがなくても50日ほどは綺麗な状態で保存できます。
基本的に受入先の国と航空会社のルールで、遺体の空輸送にはエンバーミングを義務づけられています。

 

エンバーミングにかかる費用の相場は15万円前後で、葬儀会社の自社施術の可否によって料金が変わることがあります。

 

このほか、エンバーミングを行う施設および空輸する空港への搬送費、エンバーミングした遺体を空輸する航空輸送費が必要です。

ページの先頭へ戻る