葬儀に行くことを何という?お葬式と告別式の違いを理解しましょう。

お葬式・告別式の違い

複数のクエスチョンマーク
お葬式と告別式は本来別の意味を持ちますが、告別式はお葬式の中で行う行程のひとつと捉えられることがあります。

 

厳密な区分と世間一般的にお葬式・葬儀と呼ばれる行事は異なりますが、間違って解釈している方も多いです。

 

お葬式・告別式・葬儀の違いについて、幅広い角度から解説いたします。

 

 

厳密な区分と一般的な区分

お葬式には一般葬・一日葬・火葬式など幅広い形式がありますが、一般葬の場合は厳密には告別式の前に読経、弔辞・弔電の奉読を行う儀式が葬儀です。

 

ただし、一般的には火葬場で埋葬する日に参列する場合は「告別式に行く(呼ばれた)」と表現し、「お葬式に行く」と周囲に伝えた場合は、葬儀・告別式ではなくお通夜に行くと捉えられることが多いです。

 

 

宗教的な区分

葬儀と告別式の厳密な違いは宗教に則って行うかで、葬儀・お葬式は宗教によって行われる儀式。
告別式は宗派に関係なく同じ流れで行われる社会的な儀式です。

 

正式な形の葬儀・告別式は分けて行うもので、火葬する日はまず僧侶による葬儀を行い、一旦退場して再度僧侶を除いて再入場をしてから故人へ最後のお別れ、出棺などを行います。

 

しかし、現代では葬儀と告別式を合わせて行い、僧侶が退場しないまま告別式を同時進行する形式が主流に変わりました。

 

 

正しい内訳
  • 仮通夜…亡くなられた当日に灯りを絶やさずに故人を見守る(昨今は自宅へ戻さずに遺体安置室を利用して仮通夜をしないことが多い)
  • 半通夜…埋葬・告別式の前夜に弔問客を招いて行う2~3時間ほどの儀式
  • 本通夜…埋葬・告別式の前夜に灯りを絶やさずに故人を見守る
  • 葬儀…埋葬と告別式の前に行う宗教的儀式(読経、弔辞・弔電の奉読)
  • 告別式…最後のお別れ・出棺(生花で故人の周りを飾るなど)など
  • 火葬…火葬場で埋葬する
  • 骨上げ…火葬後に遺骨を骨壺に入れる
  • 還骨法要・初七日法要…火葬終了後に行う儀式

 

このほかにも通夜払い、精進落としといった、弔問客・僧侶と一緒に会食を行う儀式があります。

 

 

厳密な告別式は直葬

告別式の言葉の由来は、1901年に中江兆民(思想家・国会議員)が死亡した際、遺言で弟子達に向けて「自分は無宗教者であるから、宗教儀式を行わず火葬だけをするように」と指示しました。

 

弟子達が宗教とは関係ない葬儀の呼び方を話し合って「告別式」と名付けました。

 

つまり、告別式の厳密な意味は無宗派で行うお葬式全般のことを指し、僧侶も呼ばずに火葬場でお別れだけを行う直葬がもっとも本来の意味に近いです。

 

中江兆民の死後は、「葬列を行わず、お寺ではなく自宅で簡素なお葬式をする」という意味で告別式が全国へ広がり、無宗派ゆえに正しい手順がなかったため、幅広い形へ変化していき、現在の告別式として定着するようになりました。

 

 

 

葬儀=全行程

たくさんの椅子が並べられた葬儀会場

葬儀と告別式の違いは宗教的な区分という説明をしていますが、葬儀は亡くなってから火葬に至るまでの一連の「葬送儀礼」の略称という意味も持っています。

 

つまり告別式や直葬もすべて葬儀・お葬式の言葉を使って問題ありません。

 

宗教儀式としての葬儀と葬送儀礼としての葬儀の双方が正しいことが、お葬式・告別式の線引きが曖昧になっている要因です。

 

 

おわりに

お葬式と告別式の違いは捉え方によって様々な解釈があり、明確な正解はありません。

 

より、厳密に判断した場合は、一般的な捉え方と離れた解釈になってしまうことがあるので注意しましょう。

 

「告別式」のワードが出た場合

基本的に火葬場の都合で日中の時間から行われます。
告別式=昼から行う火葬当日の儀式だと覚えておけば間違いないでしょう。

 

「お葬式」のワードが出た場合

通夜を指すことが多いですが、告別式の前に行う葬儀を指していることもあります。
通夜は一般的に埋葬する前日の夜(18時前後)から行われるので、日時を元に通夜なのか告別式なのか判断するとよいでしょう。

ページの先頭へ戻る