お葬式前のお通夜|一般的な流れや参加する時の服装などをまとめました。

一般的なお通夜の流れ

一般葬の場合、最初に行うのが「お通夜」です。
初めて喪主を経験する方は、お通夜をするにあたって様々な不安を抱えているものです。

 

一般的なお通夜の流れと喪主・親族が準備することをまとめました。

 

葬儀会社へ相談すれば丁寧に説明してくれます。
段取りもある程度進めてもらえますが、なるべく早い段階でおおまかな流れと方式の違いを確認しておきましょう。

 

 

お通夜の意味と種類

火がついているろうそく

お通夜の本来の意味は「親族・近親者が灯りを絶やさずにご遺体を見守る儀式」です。

 

そして、葬儀としての一般的なお通夜とは、参列者(弔問客)を招いて故人の冥福を祈り、別れを惜しむ数時間ほどの儀式を指します。

 

主に、お亡くなりになった翌日に参列者を招いた葬式としてのお通夜を行う流れになり、一晩中ご遺体を見守る通夜はお亡くなりになった当日に行う仮通夜と、翌日に行う本通夜2日間かけて行います。

 

以上の内容の通り、お通夜は次の3種類に分類されます。

仮通夜 亡くなった当日に近親者のみで夜通し故人を見守る儀式
半通夜 埋葬する前日の18時頃から参列者と僧侶を招いて行う数時間程度の儀式
本通夜 亡くなった翌日(半通夜の後、埋葬の前日)に近親者のみで夜通し故人を見守る儀式

 

葬儀場の予約状況やタイミングによって変わりますが、一般的にお通夜は亡くなった翌日に半通夜、本通夜の流れで行われます。

 

仮通夜を行うかは亡くなった時間帯・行う場所(自宅など)の状況によって変わり、仮通夜を行わずに病院の遺体安置室で保管、親族は自宅待機する方法も決して悪い手順ではありません。

 

仮通夜を行うことが可能な状況でも、葬儀の準備や親族の体力的な負担を考慮して仮通夜をしない方が増えています。

一般葬であればお通夜を行った翌日に告別式・火葬を行う流れになり、火葬・埋葬は死後24時間以上経過してから行うように法律で義務づけられています。

 

 

仮通夜を行う場合

数珠を持っている女性の手

仮通夜は特別な儀式をせずに、故人の遺体を親族・近親者のみで見守るものです。

 

親族のみで行うのが一般的ですが、半通夜・本通夜に来られない弔問客を呼んでも問題ありません。

 

服装は暗い色の服装であれば私服でも問題なく、半通夜のように礼服を着て正装する人は少ないです。

 

一部で葬儀場を利用して仮通夜を利用する方もいますが、仮通夜は主に自宅で行われます。

 

 

半通夜(お葬式)の流れ・準備

 

  1. 葬儀会社へ連絡・予約
  2. 世話役の依頼(受付など)
  3. 通夜・葬儀の告知
  4. 喪主・親族・世話役が1~2時間前に会場へ到着
  5. 受付開始(開始時間の30分前)
  6. お通夜開始(葬儀場スタッフより挨拶・遺族へお悔やみの言葉)
  7. 僧侶入場
  8. 読経
  9. 焼香
  10. 僧侶退室
  11. 喪主挨拶
  12. 通夜振る舞い

 

上記が一般的な通夜な流れです。
葬儀会場の準備・指示や、通夜振る舞い・香典返しなどの準備もありますが、葬儀会社が手厚くサポートしてくれます。

 

お通夜が始まってからの流れや通夜振る舞いの提供方法は、宗派・規模・喪主の意向によって変わります。

 

費用については、葬儀場への代金は葬儀から1週間以内を目処にした後払い。

僧侶へのお布施のみ当日現金払いをする流れが一般的です。

ページの先頭へ戻る