意外と知らないお葬式の常識!正しい数珠の付け方を知っていますか?

数珠の意味・正しい付け方

お葬式では数珠を用意することが一般的です。
しかし、なぜ数珠を持つのか意味を理解していない方や、正しい使い方が分からずに周囲と真似しながら、なんとなく使っている方が多いのではないでしょうか?

 

お葬式における数珠の正しい活用法を紹介いたします。

 

数珠は身に付ける人を護る

お葬式用の黒い数珠
数珠本来の目的は、念仏を数えることと人間が持つ108個の煩悩を打ち消すことです。
「数を念ずるもの」という言葉が発展して「数珠(じゅず)」と呼ばれるようになりました。

 

お経を唱える僧侶が持つ数珠はお経を数える目的、親族や参列者が持つ数珠は人間が持つ108個の煩悩を打ち消す効果による魔除け・厄除けによる目的です。

 

お葬式が決まった際に数珠を貸し借りする方が見られますが、数珠本来の意味は持っている人を護る意味があるので貸し借りするのはNGです。

 

礼服を初めて購入する際は、自分専用の数珠を一緒に買うことをおすすめします。

 

なお、日本でもっとも多い仏式のお葬式では「仏と人との縁をつなぐ仏教儀式に不可欠な法具」としてみなされるように変化しています。

 

本来の意味では無宗教なら持たなくても問題ないですが、歴史によって変わった現代のルールでは、お葬式に数珠を持参して参列するのが最低限のマナーとして捉えられるようになりました。

 

貸し借りする場合

数珠は貸し借りするべきものではないですが、礼儀・マナーとして見た場合は自分の数珠がない場合は親などから数珠を借りた方がよいでしょう。

 

稀に葬儀中にお焼香をするタイミングで身内同士で数珠を使い回す方が見られます。

 

葬儀中に数珠と使い回す姿を見られると、他の参列者から悪い印象を持たれますが、故人に対して宗教的に悪影響を与える要素はありません。

 

数珠の種類

数珠は本来、108個の主珠をついたものが正しく、108の主珠による長い数珠を「本式数珠」と呼びます。
本式数珠は長いため、2重にして使う必要があり「2重数珠」と呼ばれることもあります。

 

お葬式では、主珠の数を少なくした略式数珠が一般的で、喪主・親族を含めて葬式に参加する一般の人(僧侶以外)は、略式数珠を持っていれば問題ありません。

 

もちろん本式数珠を好む方もいますが、略式よりも本式の方が礼儀正しいと捉えられることはないので、無宗派であれば好みで選ぶようにしてください。

 

 

宗教によっては選び方が指定されることもあるので、宗派にこだわって正しい使い方をしたい場合は親族・宗教関係者に相談しながら数珠選びを行いましょう。

 

 

一般的な使い方

数珠をつけて合掌している手
数珠の使い方は宗派によって変わりますが、一般的な仏式で略式数珠を使う場合は親指と人差し指の真ん中に数珠をかけて合掌します。

 

持つ時は基本的に左手。
合掌するときは左手だけに数珠をかけるか両手にかけるかは自由です。
両手にかけて合掌する場合は、房を左手側から垂らすようにしてください。

 

基本的にお経、お焼香など儀式的なお葬式をする際はずっと左手に持っておき、お焼香をする際も数珠を持ったまま行います。
通夜払いなど会食時は数珠をしまって大丈夫です。

 

ページの先頭へ戻る